エッジソリューションアクセラレーションプラットフォーム

柔軟性、拡張性、プライバシー、セキュリティ

 2021年のエッジコンピューティングワールドスタートアップオブザイヤー

エッジソリューション・アクセラレーションプラットフォーム

柔軟性、拡張性、プライバシー、セキュリティ

PratexoがEdge Computing World 2021でEdge Startup of the Yearを受賞

エッジソリューション・アクセラレーションプラットフォーム

柔軟性、拡張性、プライバシー、セキュリティ

PratexoがEdge Computing World 2021でEdge Startup of the Yearを受賞
PratexoがEdge Computing World 2021でEdge Startup of the Yearを受賞

Pratexoは、エッジマイクロクラウドを必要とするソリューションをオーケストレーション・管理します。

エッジにおけるマイクロクラウド

Pratexo-on-the-edge セントラルクラウド マルチレイヤー マルチクラウド エッジノード

エッジにおけるPratexoマイクロクラウドのメリット

  • 耐障害性、拡張性、柔軟性

    セントラルクラウドのメリットをローカルエッジにもたらす

  • セキュリティとプライバシー

    クラウドサーバーへのデータ共有を最小化

  • ネットワーク切断時の運用

    セントラルサーバーから切断されても継続運用可能

  • アジリティとイノベーション

    迅速にアプリケーションや分析モデルを追加しデータサイロ化を回避

Pratexoの優位性

何故Pratexoが必要か?

  • システム効率の向上

  • サステナビリティの目標を達成する

  • 人体への安全性向上

  • コスト管理

次のいずれかに該当する場合:

  • IoTプロジェクトを実施中、或いはこれからAI/機械学習プロジェクトを開始
  • 取得したデータに基づきリアルタイム処理が必要
  • セキュリティとプライバシーの高いシステム管理が必要。インターネットやセントラルクラウドに常時接続が不可能。
  • システムやプロセスの迅速な自動化が必要
  • システムのダウンタイムには膨大な財務損失が発生
  • エッジコンピューティングを検討。しかし、複雑さを懸念

… Pratexoが必要です。

次のいずれかに該当する場合:

  • 業務処理から発生するデータ量が増大。そのほとんどはクリティカルなビジネスの迅速な判断では未使用
  • IoTプロジェクトの低い投資効果・成功率と不透明性
  • 現在のシステムでは持続可能社会の目標達成が困難
  • 人の安全性は企業の社会責任にとり重要課題
  • クラウドコンピューティングコストの増大とベンダーロックイン
  • クリティカルシステムのダウンタイムによる高いコスト負担(経済と信用)

… Pratexoが必要です。

次のいづれかが該当する場合:

  • 顧客がIoTシステムを利用、或いはAI/機械学習プロジェクトを開始
  • 顧客システムは、データフローに基づきリアルタイム処理が必要
  • 顧客システムは、インターネットやセントラルクラウドに常時接続不可能
  • 顧客に継続的に進化・改善するソリューションを提供することにより継続的な収入獲得の機会を模索
  • 顧客の最大満足を得ながら複雑なソリューション構築の時間とコストを最小化する必要性

… Pratexoが必要です。

特定の問題を解決する為、状況に応じてアプリケーションを組み合わせ、拡張できるオープンなプラットフォームは、非常に画期的です。 Pratexoは、私たちがソリューションを構築する共通のエッジコンピューティング基盤です。」
Audun Grynning, CEO, Hallingdai Kraftnett (電力グリッドオペレーター)

いつPratexoが必要か?

Pratexoマイクロクラウドは、多くの場合次のいずれかの利用シーンで必要とされます。

詳細は、Pratexoのカタログをご覧ください。
カタログをダウンロード

最新ニュース

最新ニュース

エネルギー
スマートシティ
製造
船舶
防衛

エネルギーとユーティリティ

スマートな建物と都市

製造

船舶

防衛