Pratexo

エネルギーおよび公益事業向けのPratexoソリューション:ノルウェーの電力グリッドオペレーター

(電気自動車市場第1位)

課題

  • 状態基準監視が難しい
  • 電力スパイク(パルス波形の一部分で発生する瞬時過渡現象)、データ品質の低下、高価なクラウドコスト
  • エッジでの監視とリアルタイムアクション

ソリューション

  • 各変電所のエッジノードでPratexoマイクロクラウドを稼働
  • 単独動作または協調して稼働できる回復性の提供
  • データをローカルで処理し、予測可能なエッジAIを稼働

利点

  • スパイク/停止の削減(グリッドの最適化)
  • 大幅なメンテナンスコストの節約
  • 次のステップ:住宅用端末とマイクログリッドへの拡張

エネルギー・公益事業向けPratexo詳細はこちらからご覧ください。

お問い合わせ
エネルギー
スマートシティ
製造
船舶
防衛