Pratexo Studioの機能

Pratexo Design Studioのサンプル画面

スマート電力グリッドのためのエッジノードとマイクロクラウドのアーキテクチャデザイン

Pratexo Studio

クリックすると拡大します

エッジコンピューティングの形態
Pratexoによるサポート

スタンドアロンエッジコンピューティング
  • IoTデバイスは個々のエッジノードに接続
  • ノードは、セントラルシステムと直接コミュニケーション
利点
  • セキュリティ
  • レイテンシー
  • プライバシー・コンプライアンス

  • コスト削減

分散エッジコンピューティング
  • ローカルマイクロクラウドを形成し、ノード間でコンピュータ負荷を共有
  • IoTデータストリームはマイクロクラウド全体で共有
利点
  • 信頼性
  • スケーラビリティ
  • データの共有・利活用

スウォームエッジコンピューティング
  • リアルタイムの状況ニーズに基づくノード間のアドホック接続
  • エッジノード間でコンピューティング負荷を分散している場合と 分散していない場合
利点
  • 柔軟性
  • 効率

Pratexo マイクロクラウドが切断されたエッジを利用可能にする

切断されたエッジの有効化
  • 産業用システムは、中央システムまたはパブリックインターネットから時折または恒久的に切断される場合があります
  • エッジのソフトウェアおよびMLモデルは、インストール、保守、拡張する必要があります
切断されたエッジコネクテッドエッジ

Pratexoの、マイクロクラウドにホストされているアプリケーションと分析機能は、中央のサーバーやクラウドから切り離されても実行し続けることができます。

詳しくはPratexo ホワイトペーパーをダウンロード
ホワイトペーパーをダウンロード